中学受験に向けての勉強法で有利になるのが個別指導塾に通うことです。中学受験では普通の公立小学校では義務付けられていない範囲の問題が試験に出ます。その範囲にいかに対応していくかが鍵となります。
試験教科の中でも国語は、小学校の授業では一つの話を何時間もかけて深く掘り下げる手法を利用しているので、中学受験のような問題を解くといった勉強とは離れてしまうところがあります。また国語の文章の読み方を学ぶには自学ではなかなか難しいです。
そこで有効なのが個別指導塾です。
個別指導塾では生徒個人に合ったカリキュラムを組んでいます。
なので集団授業のように一つの文章を読み込むのではなく、受験対策になる文章問題をたくさんこなすことができます。
繰り返し問題を解くことで国語の文章の読み方を身につけることができます。 また質問しやすい環境だというところも利点のうちの一つです。

集団授業では他にもたくさんの生徒がいるため、授業を止めてまでの質問がしづらい点がありますが、個別指導塾では小さなことでも気になった時にすぐ質問できるため苦手克服にも繋がります。

このように個別指導塾で勉強することによって、学校だけでは学びづらい国語を克服し、生徒に合った指導法で生徒のやる気を持続させ合格を目指すことができます。

Comments closed.