個別指導塾とは、生徒1人に対して教師が1人、または生徒2、3人に対して教師が1人で授業を行うものをいい、中学受験、高校受験、大学受験を希望する生徒を対象としています。
集団塾とは異なり、生徒の学習レベルや予定に合わせての授業を選択できる上、生徒が1人または少人数制ですから、教師への質問などがしやすい環境で、教師から生徒への配慮もされやすいというところが最大の魅力です。
しかし、集団塾と個別指導、それぞれの特徴があるため、どちらが向いているかということが塾選びの際の重要なポイントです。

個別指導塾では自分のペースをある守れるので、例えば、国語力を高める為に、国語だけを学びたいという場合の様な特定教科の学習に専念することが出来ますし、その他の習い事や部活との両立、苦手とする分野の克服などに適しています。
自己管理もしやすいのが個別指導塾であるといえるでしょう。
志望中学受験、合格に向けたカリキュラムを個別に作成してくれる個別指導塾もありますので、国語が苦手な場合でも、無駄の無い勉強方法が見つかります。

その様な個別指導塾界の最近の動向としては、スマートフォンやタブレットの普及に伴い、中学受験に向けた授業にも映像が利用されるケースも目立ち始めています。
さらに、塾同士の競争が激化していることから、授業や教師の質の高さが今まで以上に求められるようになりました。

Comments closed.