中学受験対策として最も必要なことは何かと言われれば、それは子供一人ひとりの理解度や進度に合わせて、教材を選択し、分かるまで何度でも粘り強く勉強を重ねていくことです。
つまり個別指導塾での学習が最適であるということです。

ここの子どもに合わせた学習の積み重ねによって、はじめてその子どもの苦手とする部分が克服でき、中学受験に勝ち抜くための真の実力が形成されるのです。
特に国語のように非常に繊細な感性と記憶力の双方が求められる科目にあっては、旧来の集団授業による学習では実力を伸ばすのにおのずと限界があります。
例えば国語の中でも多くの子供が苦手とする長文読解では、単に答えを暗記するということではなく、作者がそうした作品を書き、そのような文章を書いた背景まで理解できて初めて正答が見出せるのです。
そのためには時間をかけてじっくりと文章を味わうといった時間が求められます。
集団授業ではこうした時間は取れませんが、個別指導塾であればこれが可能です。

個別指導塾であれば、子ども一人ひとりの能力や関心、実力や理解度に合わせて親切丁寧にそして何度でも、繰り返して苦手単元の学習に取り組むことができ、中学受験本番までに苦手とする単元を得意な単元に大転換することも夢ではありません。
国語を苦手とするお子さんの場合には特におすすめします。

Comments closed.